クリニック通信

クリニック通信

月別:2018年06月

夏期休暇のお知らせ

今年の夏季休暇は

7月31日㈫から8月3日㈮まで、8月13日㈪と14日㈫です。

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。

更新日:2018.06.22

獣医師不在日のお知らせ(7月)

7月の副院長不在日のお知らせ

7月21日㈯の午後不在となります。

院長の診察は通常通りです。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

更新日:2018.06.22

体重測定

今日は久しぶりに体重測定をしてみました!

 

さて、まずはお馴染みシャー君から・・・

CIMG7794

近頃「シャーくん、太った??」って聞かれることが多くなりました・・・

 

はい、実は・・・太ってました・・・

 

7、32㎏になってました。

ちなみに2017年の体重は6、7㎏です

 

これは運動しないとだね、シャー君。。。

CIMG7799

 

さて、続いてごはんが大好きさんしろう君!

CIMG7804

大喜びでケージから飛び出して来てくれました(笑)

 

さて、体重は・・・12、38㎏でした

ちなみに今年3月に測ったときは11、7㎏で。。。

あれ、ちょっと太った??

 

最後に食欲に波があるしんえもん!

CIMG7808

寝起きだからか目がしょぼしょぼ・・・

 

さて、体重は10、38㎏でした。

ちなみに今年の3月のときは10、68㎏なので現状維持ですね(*´ω`)

 

皆さんも体重測定してみませんか??

更新日:2018.06.19

クラッキング

こんにちは

皆さんのおうちの猫ちゃんが窓際で「カッカッカ」とか「ケッケッケ」とか「ニャッニャッニャッ」なんて鳴くのを聞いたことがありますか?

それはクラッキングというそうです

飼い猫に見られるもので

○ワクワクしている

○獲物が取れずイライラ

○見たことがないものにドキドキ

などなど色々言われていますが、思わず声が出てしまう本能からくる鳴き方だそうです

 

同じネコ科でもライオンやトラはやらないそうです

そうですよね!!

獲物をとる時に鳴いていたら相手に気付かれて逃げられてしまいますからね

切実ですよね

 

そう思うと、ガラスの向こうの鳥が獲れなくてイライラしてるなんて可愛いもんですね

 

シャー君も時々ガラス越しのハトに向かって「カッカッカ」ってやってます

CIMG7727CIMG7692

これはくつろいでます

リラックスしすぎですね・・・

更新日:2018.06.12

ノミマダニ予防

こんにちは。

さんしろう、しんえもん、シャーくん

ノミマダニ予防をしました(^^)

 

まずは、さんちゃんから!

CIMG7696

さんちゃんとしんちゃんはチュアブルタイプの予防薬です!

おやつ感覚なのでさんちゃんはすぐに食べてくれます(*^-^*)

 

CIMG7697

あれ?さんちゃん舌が出でますよ( ;∀;)

もっと食べたそう(^-^;

さんちゃんはたまに舌が出しっぱなしになってる時があるんです(笑)

 

 

次はしんちゃん。

 

CIMG7699

はい!どうぞ!

 

しんちゃんは、すぐに食べてくれません(;_;)

CIMG7700

少しペロっと舐めて出してしまいます。。。

しんちゃんは好き嫌いがあります(-ω-)/

なんとか時間をかけて食べています!

CIMG7703

 

 

最後はシャーくんです。

CIMG7709

シャーくんは背中につける滴下タイプの予防薬!

いつもこれを見せると逃げようとします(-ω-)/

この写真を撮った後逃げられました( ;∀;)

CIMG7713

つけられてる時は我慢しています!

なんとか終わりましたが。。。

 

 

この不満そうな顔。。。(笑)(゚д゚)!

 

CIMG7714

毎月頑張っています!!

更新日:2018.06.08

子宮蓄膿症について

こんにちは。

今回は犬の子宮蓄膿症についてお話します。

 

子宮蓄膿症は子宮内で細菌感染を引き起こすことにより炎症を起こし子宮内に膿が溜まってしまう病気です。

中高齢の避妊していないメス犬に多く見られます。

 

症状は水をたくさん飲む、おしっこの量が増える、腹部が膨れる、陰部からの出血や膿が出る場合もあります。

また、嘔吐や下痢、食欲不振も起こります。

 

子宮蓄膿症の特徴として、子宮にどんどん膿がたまってしまう閉鎖型と子宮にたまってしまった膿が陰部から外に出る開放型に分かれます。

開放型の場合、生理出血と勘違いしまうことがあり、どちらの型も気づかないことが多いようです。

 

そのまま放っておくと子宮がパンパンに腫れ、破裂してしまうこともある命に関わる病気です。

 

子宮蓄膿症の治療は手術により卵巣と子宮を摘出することが一番です。

 

子宮蓄膿症は避妊手術で予防することができます。

 

気になる症状があれば早めに病院を受診して検査をしましょう。

更新日:2018.06.04
クリニック通信
過去の記事